発見が遅れやすい排水管の水漏れ

発見が遅れやすい排水管の水漏れ 家庭の中には、さまざまな設備があります。その中でも水を使う水回りは特に重要です。キッチンだけではなく、トイレや浴室、洗濯機など、非常に多くの場所で使っていますが、水を使えば流さなければいけません。この水を受けて、下水へと導くのが排水管の役割です。大事な設備であり、生活の中で欠かすことができないものだからこそ、水漏れを起こしたりすれば、甚大な被害をもたらします。そのため、できるだけ早く修理をする必要があることを頭に入れておくことが大切です。

■使った水を流すために必要な排水管

排水管は、使った水を流す役割を持っています。この管がなければ、水を使う設備は機能しません。主に汚水を流すために使用していますが、下水から逆流したりしないようにするためにも必要ですし、害虫や悪臭を生活環境の中に入らないようにするためにも、大事な役割を持っています。水漏れを起こしてしまったりすれば、この機能を失ってしまうことも出てきますし、悪臭が漂い、生活環境が悪化することも考えられます。
汚水が流れ出てしまうことになるため、建物が侵食されてしまうこともあります。知らず知らずのうちに湿度も上がってしまうことで、害虫が住みついて構造上で大きな問題を抱えることも考えられるので、放置することはできません。そのため、あらかじめ業者の連絡先などを調べておくなど、トラブルに対処する準備をしておくと安心です。

■見えない場所に設置されていることの問題
排水管の抱える問題は、見えない場所に設置されるところにあります。目に見える場所であれば、水漏れをしてもすぐに分かるはずですが、排水管はできるだけ目に付かない位置に配置されています。これが大きな問題点でもあり、トラブルに気が付きにくい特性を持っています。臭いがしたり、なにか染み出てきたことが発見につながることもあるでしょう。しかし、老朽化によって漏れてくるような状況は、容易に発見ができません。
漏れることによって被害が一気に拡大してしまうようなケースが多いのも、見つかりにくいところに原因があります。使わなければ流れることがない排水管の場合、大量に使って発見したときには、相当な被害を出していると考えなければいけません。突然、天井から水漏れしてきたといったことも考えられるので、こまめに点検をすることも大切です。

■定期的な調査をする必要もある

水漏れに関しては、発見がどうしても遅れます。素人では判断が難しいこともあるためです。賃貸住宅などでは、一体配管がどこに通っているかも判断できないことは珍しくありません。天井や壁の中に設置されており、まったくわからないこともあります。漏水が広がってはじめて発見するといったケースも多いため、検査を依頼するなどして予防する必要があります。
水漏れの兆候は色々とあります。音が聞こえてきたりすることもありますし、なにか錆びのようなものが見つかるといった場合もあるでしょう。他にも定期的な調査によって検査する方法もあります。専門業者に依頼することによって、配管の状態も判別できるようになるため、専門家に依頼するという方法も有効です。調査の方法も色々とあるため、建物に合った方法を選んでいく必要もあります。

■まとめ
排水管の水漏れは、水道管の水漏れとも異なります。性質が違う水が流れますし、管の構造も異なってくるからです。異なるトラブルが引き起こされることは間違いありません。早めに発見していく必要もありますし、対処する方法も考えなければいけないでしょう。知識があれば、自分で早期に発見することも考えられるため、様々な事例を参考にしながら生活環境を守ることを考えることが重要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース