排水管の水漏れの調査方法

専門業者に依頼して排水管の水漏れ箇所を見つけるためには、さまざまな手順があります。作業では色々な調査などを行ないますが、基礎的な手順を知っていれば計画もできるようになるでしょう。

■基礎調査からスタート

基礎調査から始まっていきますが、いったいどれぐらいの量が水漏れしているのか、水漏れの箇所や排水管の能力から状況を把握します。さらに分析を進めることによって、調査方法を計画できるようになります。その方法によって、調査員の体制を組めるようになりますし、内容によって効率化も進められるようになります。しっかりとした計画を立てることによって、早期発見にもつながりますし、ダメージも少なく抑えられるようになることがポイントです。これがしっかりできないところでは、水漏れ調査に問題が出てくると考えられます。施工を行なっていくうえでは、とても重要な工程といえます。


■現地調査から施工、修繕まで

一般的に現調といいますが、現場で下見をしながら調査を進めていきます。機材の持ち込み経路や配管図などを参考にしながら、実際の流れの確認や、方法が適切かどうかを判断する工程です。障害として何が起きるのか、条件も検討していくことになるでしょう。ここから実際の探査になっていきますが、何らかの異常を見つけることができれば、本格的な検査方法をとっていきます。夜間作業などで検査することも可能で、実際に異常があるとされたところを絞り込んで、配管を露出させていき、対処を考えることになります。プロが行なうため、他の設備に問題が出ないようにしています。最終的には、修繕工事を行なえば完了です。

■まとめ
排水管の水漏れを見つける代表的な流れではありますが、工法によっても違いが出てきます。それでも基礎的な流れが分かると依頼するときに参考になります。特に実際の施工タイミングなどは十分な打ち合わせが必要になってくるため、タイミングを間違えないようにすることが必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ