排水管の水漏れを見つける検査方法

排水管は、常に管の状態を把握することができるわけではありません。鉄管が使われていることもありますし、隠されてしまっているものもあるでしょう。トラブルの予防には点検を考えなければいけませんが、実際にどんな方法を取るのかも考えていかなければいけません。

■可能性の高い場所を絞り込む

排水管の水漏れを調査していく方法には、直接目視するだけでは分からない場所もあります。目視するためには、分解して中の状況を確かめることが必要になる場合も多いです。中には専門業者にしか対応できないトラブルもあります。
トラブルの発見で最も単純な方法であるのが削除法です。漏れてなさそうな場所はチェックを外していき、危険性がありそうな場所を絞り込んでいきます。経験則から消去していく方法になりますが、絞り込みができるため、まずは最初に行なうべき方法ともいえます。あらかじめ確認できるところは確認し、絞り込みを進めることも必要です。


■音から判断する

経験が重要になってきますが、水は流れれば何かしらの音を発します。この音を探すことができれば、いずれ漏れている場所にいきつくというのも効果的な方法です。専門のツールを使って調べていくこともできますが、経験によって発見にばらつきがあります。それでも、異常音を発見できることによって、無駄に調査を進めることもありません。
漏水探知機を使うことによって、下水なども実際に調べることができます。歩行しながら問題がないか調査するといった地道な方法ですが、実は確実性も高く、水漏れの早期発見につながるのは間違いありません。


■まとめ
水漏れの発見は、できるだけ早い段階で行なうことによって被害を抑えることができるようになります。少しでも被害を出さないようにするためには、検査をすることも視野に入れておく必要があるでしょう。特にマンションを経営しているような方は、住民の生活を守るためにも定期的に実施する必要があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ